for all Apple users

RSSリーダーの新定番”Sylfeed”

closeThis post was published 6 年 21 日 ago which may make its actuality or expire date not be valid anymore. This site is not responsible for any misunderstanding.

Sylfeed

iPadでもやったように,iPhoneでもRSSリーダーを色々試そうとしています,数多ですどうもどうも。

さてさて,他人行儀な文体でこれまでやってきましたが,これはこれで書きづらいので,この記事から改めてみようと思いましたよ。

そんな内実は置いといて,前々から試したかったSylfeedを買ってみました*1。昨年の末から現れたこのappは,どういう機能やらUIやらで挑戦するのか知りたかった次第でしたので。

起動してからホーム画面まで

Sylfeed screenshot 1

初めて起動すると,案内のダイアログが表示されます。Sylfeedは例に漏れずGoogle Readerと同期するリーダーです。

マルチアカウント対応ですので,使い分けている方はその分も入れておくといいでしょう。ちなみに,画面中に表示されるアカウントはレビュー用に取得したアカウントなので,ここにメールしても私は見ませんよ。

Sylfeed screenshot 2

アイコンと配置

ホーム画面でまずは覚えておくものがあります。

Sylfeedでは特有のアイコン群が使われています。特に新着アイテムやピンは他のリーダーには見られませんね。このアイコンは後々使いますから,覚えておきましょう。

Sylfeed screenshot 3

RSSの配置変更は,以下のように。それぞれの領域を超えての配置変更は出来ませんよ。

Sylfeed screenshot 4

ver.1.3以降について

実はこの記事を書いている途中でアップデートがありました。記事中のスクリーンショットにはないものが新しく追加されたため,新しいものを紹介しておきます。

Sylfeed screenshot v1.3 1

尚詳細については,以下で反映させています。

記事一覧の表示

記事一覧 その1

記事一覧は以下のように。

Sylfeed screenshot 5

右上のボタンで,記事が投稿された日付による抽出ができます。

Sylfeedには未読ボタンピンというものがあります。
記事一覧における未読ボタンは,未読記事を順々に開くためのものです。ピンは,livedoor Readerを使ったことがある人は分かるでしょうが,気になる記事を後で開くための”仮留め”の役割があります。
Sylfeedでは独自にピンによる未読管理が出来るのです。

右下のボタンはピンを付けた記事を抽出するためにあります。ピンを抽出すると,以下のような画面になります。

Sylfeed screenshot 6

画面下のバーでは,右から順番に, “未読/既読” “スター” “共有*2” “タグ付け” “ピン” “その他” の操作をすることが出来ます。
Sylfeedではアイコンは重要な要素ですから,覚えておかないといけないというのはこのことなのです。

それはそれとして,この中であえて説明を加えるとすれば “タグ付け” です。Google Readerにあるタグ機能をSylfeedでは利用することが出来ます。タグを付けることで記事を抽出しやすくするという目的があります。他のRSSリーダーにはないものですから,使わないてはありませんよ。

そして, “その他” というのは,TwitterやInstapaperやRead It Laterに送信するというものです。Instapaper / Google Mobilizerも利用できます。沢山ピンを付けて,このメニューを開くと,InstapaperやRead It Laterに一斉送信できます。また,deliciousやはてなブックマークにも*3送信できます。

このメニューについては後で触れますね。

ピンの反転というボタンはその名のとおり,ピンを付けた記事のピンを外し,その他の記事にピンを付けるというものです。使い手次第の機能でしょう。

フィルター

画面上部のフィルターとは何なのか?

Sylfeedは,記事の一覧にフィルターが設けられています。もちろん,ReederやMobileRSSにもあります。けれども,Sylfeedには検索があります。

Sylfeed screenshot 7

検索対象は,記事一覧にあるタイトルと本文。iPad版も色々見てきましたが,iOSのRSSリーダーで検索機能があるものは,Sylfeedが初めてでしょう。

Sylfeed screenshot 8

Sylfeed screenshot 9

検索フィルターを解除するには,検索フィールドに何も入れない状態で検索するといいですよ。

未読ボタンについて

Sylfeedで記事を閲覧するとき,不思議なボタンがあなたを迎えます。それが未読ボタンです。
未読ボタンをタップすると,すぐさま一番古い未読記事に飛びます。長く押すとダイアログが表示されます。

Sylfeed screenshot 10

しかし,ただ未読記事に飛んだり未読記事の数を知らせるためのものではありません。

SylfeedはReederやBylineに見られる,スワイプによる記事間の移動がありません。その為,この未読ボタンは次の記事を表示するためのスイッチになります。(設定によって,上下矢印ボタンによる移動ができるようになります。)

それだけではありません。未読ボタンはトラックポイントのように,上に気持ち動かせば上にスクロールし,下に動かせば下にスクロールするコントローラでもあります。記事を表示した状態で長押しすると,自動スクロールになりますよ。

なお,既読の場合は一覧に戻るためのボタンになります。

記事一覧 その2

記事一覧について紹介すべき点があります。

両サイドをタップすると,未読 /既読の切替やピンを付けることが出来ます。ReederやMobileRSSではスワイプとなっていますが,タップのほうが速くていいかもしれません。

Sylfeed screenshot 11

記事本文の表示

Sylfeed screenshot 12

ここらはおおよそ,他のリーダーと同じ作りですね。

そんな中で注目すべきはタイトル下のアイコン。新しく取得した記事やスターを付けた記事,タグを付けた記事はアイコンが表示されます。これは分かりやすくていいですよね。

メニューについて

“その他” として紹介したメニューは,今ではどのRSSリーダーにもあるメニューです。
他と違うのは,記事のタイトルとURLを全部表示してくれることでしょうか。

もちろん,記事中のリンクを長く押せばメニューを表示してくれますし,URLも確認できます。省略せずに全部表示してくれるのはSylfeedだけじゃないでしょうかね。

Sylfeed screenshot 13

しかし,Sylfeedには大きな欠点があります。それは,ブックマークサービスに送信できないという点です。
今後のアップデートで対応するのかもしれませんが,この点は大きく響くのではないでしょうか。

ver.1.4からdeliciousとはてなブックマークに対応しました。

フォトビュー

記事中の画像を拡大表示する。まあ,こんなのは他にもあります。

Sylfeedの場合は,画像を開いた後にその画面で横にスライドすると,記事中の画像を閲覧できるということでしょうか。
この機能については,開発者による動画を見たほうが分かりやすいです。

ピンの操作

ピンは,単なる未読管理に終わらず,一括操作をすることが出来ます。

ホーム画面を開いて,ピンをつけたアイテムを開きます。その後,右下のボタンをタップすると,一括操作をすることが出来ます。
例えば,全てにスターを付けたり,Instapaperに送ることが出来るのです。

設定

Sylfeedには,更に他のRSSリーダーにはない点があります。

未読管理

Sylfeedにおける未読管理は,ひとつの理想を叶えてくれます。それは未読件数を表示しない,というものです。

Sylfeed screenshot 14

チェックをつけた記事は未読件数を表示します。それは,フォルダやタグに表示される件数にも合算されます。

チェックをつけた記事は,合算されません。

そして,この未読管理は,ただ件数を表示するかしないかだけではなく,Sylfeed内の未読記事の保持にも関わります。
Sylfeedでは各RSSの最大保持件数を100までに設定できますが,未読管理にチェックがされている記事はそれ以上の記事をSylfeed内に残します。

もちろん,これはアプリケーションの中だけの話なので,webからあるいは他のアプリケーションで見ても,問題ありませんよ。

画像の取得

画像の取得は極めて厳密です。

WiFiに接続している時だけダウンロードする,というのはもはや当たり前になりましたが,未読記事のみあるいは上記の設定に関連付けたり,各RSSで挙動を変えるという細かい設定は,類を見ないでしょう。

購読リスト

以上2つの機能は,各RSSやフォルダ,タグ単位で管理できます。

新着アイテムとは?

今まで見てきた中で,双葉のアイコンがありましたね? あれは未読記事を表すのではなくSylfeedで初めて受信した記事を指すものです。
新着アイテムとは,初めて記事を受信した時から,設定によって決められた期間までの記事のことを指します。

新着アイテムは既読にしても,その期間中はSylfeedから削除されません。設定できる最長は3日間です。

フォルダ単位で同期

どのRSSリーダーも,購読している全てのRSSを更新しますが,Sylfeedはフォルダ単位で更新できます。

この機能を使うには,設定でONにしてから,フォルダを開いて更新ボタンを押す。それだけです。

クイック同期

これは特記すべき機能です。

この機能は,新着記事(ここでは新着アイテムではない)のみ*4をダウンロードする機能です。スターやタグなどの変更を反映させず,ただ新着記事のみを受信します。

その他

同期完了時に通知メッセージを表示する,フォントの変更,スクロール速度の変更,などがあります。

総括

どうでしょう? おそらくこのブログで最も長い紹介だったと思います。

Sylfeedは優れたRSSリーダーですよね。 私も今はReederを使っているのですが,検索やフォルダ同期,URLの完全表示やフォトビューには惹かれました。早速乗り換えよう,と思いたいのですが,最大の欠点であるブックマークサービスへの送信が無いというのが残念ですね。既に対応済みです。
記事間の移動が特殊なのも,引っ掛かりはしますが,私は逐一一覧に戻るので気にはしません。未読ボタンに慣れたら,違った世界が現れるのかもしれませんが。

開発者ブログを読む限りでは,Sylfeed開発には大変熱心なようですから,今後化けること間違いないRSSリーダーと言えるでしょう。

ちなみに,私は,RSSリーダーは2つ使っていて,そのうち1つとSylfeedを交替して使おうと思います。

  1. レビューする方にはプロモーションコードを配布している,なんてことを知ったのは買った直後orz []
  2. Google Readerの機能 []
  3. タグやコメントは付けられない []
  4. 新しく購読している場合は,それも反映されます。 []

次へ 投稿

前へ 投稿

0 コメント

返信する

© 2017 fav Apple!

テーマの著者 Anders Norén